FC2ブログ

色々さよなら

久しぶりに更新するのに憂鬱なタイトルですが、去る3月31日にかなりハマったゲーム
サイバーダイバーがネットサービスを終えてオフライン稼働となってしまった。
今まで貯めたポイントや手に入れた装備が使えなくなり初期装備のみのシングルバトルでしか遊べなくなり
後は撤去を待つのみの状態になってしまった。
稼働当初は行動範囲にいくつも置いてあり、都外にも相当出回っていたから神奈川や埼玉まで遊びに行って(もちろんMTBで)
ご当地エンブレムや遠征エンブレムを集めたりと結構楽しかった。
イベントバトルで強いプレーヤーと戦いまぐれ勝ちをしたりこれまたまぐれでMVPを取ったりして興奮したから良いゲームだった。
何よりカードを手に入れるだけで後は通信費(携帯やネット料金)を払うだけでネットサービスを楽しめたから
リーズナブルでよく遊べた。
(今は全部月額料金が絡む物になってしまったから課金ネトゲと変わらない、そりゃバージョンアップや新システムも容易いよ)
そしてゲーセンでゲームをする時代も終りが近づいてるのかもしれない・・・
今はゲーセンよりプレステやXBOXの海外ゲームの方が魅力を感じる、デザインは無骨で垢抜けないがゲームシステムは
日本のゲームの数段上を行ってる。
それに今ではシステムを熟知してアイディアがあればフリーウェアでかつてのアーケード並みのゲームを作れるようになったしもう日本のゲームの売りはハイレゾリューションな画面とデザインしか残されていないようにも思えるから
少し寂しい。

この手に馴染んだウィンドウズXPが4月9日にサポート終了してしまいリナックスにしようかと悩んでます。
XPはウィンドウズ最高傑作の呼び声高く21世紀最初の年に出てから13年もの期間サポートを続けたから
新しいシステムに対応できなくなってきた上での判断だと思ってます。
でもXPを使い続けるためのムック本が発行されてるからそれを手に入れて徹底的に使い尽くすことも考えてます。

それとライブドア版のブログを畳みました最初は陰謀系や社会風刺的なブログで進めてましたが
311の大地震の時、原発事故の時、政府や市井のブロガーは意見を真っ二つに分けて安全厨危険厨と纏まるべき同胞たちが
憎みあう様と政府の全然はっきりしない小田原評定を見てこりゃゾロアスター的な展開だと判断し、これ以上その流れに乗るのはマスメディアにノセられることになるなと思ったからです。
最近本気で思います、ネットはだれでも社会に向けてメッセージを発信する事のできる「メディア」なんだと。
読む人の多寡(多い少ない)はともかく書いた人の思想信条、態度や姿勢が100%現れる怖さのあるものだと・・・
人のすすめでブログを始めた時には自分の等身大を見せるだけでいいやと軽い気持ちで行っていたけど慣れてきて様々なサイトで書き込むに連れて、それこそ有名人や危険人物も見てるんだということを知ってくるとあまり呑気に書けなくなってきます。
後ろによほどデカイ後援者がいないと直接攻撃や社会的な制裁の対象になるから怖い話ですよ。
ツイッターの幼稚な画像付きツイートで学校を退学させられた話や会社をクビになった話も良く聞くので
そういう意味ではネット社会は受け手の感情込みで物凄い統制された社会です。
あまり迂闊に口舌をひけらかすと筆禍を招くのでそこら辺をちょっと真剣に考えたいです・・・。



・・・さて、鬱な話はここまでにして
タブレットの設定をいじって色々試したら新しい表現が見つかり今はそれを試すのに夢中になってます
それとヤフーメールを使ってたけど、システムが変わったらしく不便になり、代わりにgmailを使い始めました
google+のアカウントを取ったついでに開いたけど中々便利なんでまあ悪くない。
google+もフェイスブックっぽい形になっていて画像投稿も出来るからたまにイラストを投稿してます。
アカウント持ってる人で興味がわいたらanacreon0221でググってくれると嬉しいです。

最近ドラゴンボールに出てきたホンの一コマしか出番がなかったカカロット(孫悟空)の父親バーダックがクローズアップされてビックリ。
伝説とされていた超サイヤ人の元祖候補になってたり、奥さんのギネも登場したりと過去をさかのぼって補完されてるから俄然興味が湧いてきた。
後はピッコロの出自と父親とかだな。

bardoc.png
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

アイパッチ

Author:アイパッチ
全ては流れのままに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
「日本国憲法」
日本国憲法

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

無料アクセス解析